ドクターKのきままブログ

2015年10月 8日
親子歯みがき教室やってきました

私は5年ほど前から、ひたちなか市の堀口小学校において、学校歯科医として歯科検診など、児童の健康活動に参加させていただいています。

今日は、私が学校歯科医をしている堀口小学校へ赴き、1年生を対象として「親子歯みがき教室」を行ってきました。

毎年秋に新1年生とその保護者の方に来てもらい、歯の大切さやむし歯を予防していくヒント、歯ブラシ練習を行います。

今回は約50組の親子に参加いていただき、小学校の体育館で行いました。

当院からは私と衛生士3名(浩子、榊原、石川)の計4名で伺いました。

DSCF1495.jpg

スライドを中心に進めました。

途中、フッ素の効果を見てもらう実験や大きな歯型模型と歯ブラシを使った磨き方のデモンストレーションを行いました。

DSCF34491.jpg

その後、実際に自分で磨いてもらったあと、歯垢の染め出しを行い磨き残しをチェック、鏡をみながらきれいに磨いてもらいました。

DSCF1504.jpg

大型模型で磨き方をお伝えする榊原さん。

DSCF1509.jpg

新人衛生士の石川さんもすっかり溶け込んでいました。

DSCF1508.jpg

みんな上手に磨けてました♪

私と衛生士3名が中に入り、アドバイスをさせていただきました。


きのした歯科の医院理念は、

「あふれる笑顔、輝く未来の実現」

です。医院内に限らず、歯科医療を通じて地域の方に健康で充実した生涯を送っていただくことが、私たちの願いです。

その一環として、子どものうちから歯の大切さに気付いてもらい、しっかりとしたお口のケアの習慣をつけてもらうことで、その子が生涯に渡り、自分の歯で食事が出来て、歯の事で困る事のない生活を送ってもらいたい!と思い、小学校の学校歯科医を受けさせていただいています。


歯科医院で日々診療をしていると、

「若い頃にもっと歯磨きや定期検診に来ることが習慣になってたらこれほどまでひどくならなかったのに・・・」

と思うことがあります。

もちろんむし歯や歯周病になってしまった方に関しては最善の治療を行っていくべく、当院は日々研修を受けたり、練習を行なったりしています。

しかしながら、悪くなってから治すより、悪くならないように予防していく方がその方にとっても、私たちにとっても良いことだと思っています。

この小学校の1年生に行う、「親子歯みがき教室」はその子にとっては生涯1回しか受けることができません。

だからこそ、この生涯1回きりの講演で何か1つでも歯を大切にする気持ちを持ってもらえたらと思い、この講演を行っています。

このような取り組みを快くさせていただける堀口小の先生方にも感謝です。

DSCF3455.jpg

カテゴリ:

月別アーカイブ

カテゴリ

PageTOP

初めての方へ
無痛治療
院内感染予防
医院理念
インプラント専門サイト
症例集

院長紹介

木下卓の略歴・生い立ちなどをご紹介します 。
院長ブログはこちら

携帯サイト

クリックすると現在の診療状況がわかります。