ドクターKのきままブログ

2015年8月 2日
伝え方が9割を体得!

今日は大阪の国際会議場で歯科医院の経営セミナーに参加しました。

昨夜、診療が終わってからひたちなかを発ち、東京駅から高速バスに乗って今朝大阪に着きました。

高速バスは今回はJRの「プレミアムエコドリーム号」とうバスのプレミアムシートを予約してみました。

大阪行きの高速バスは今まで、ウィラーエキスプレスのプレミアムシートを使っていたのですが、今回満席で予約が取れなかったため、JRバスにしました。

さすがJR系列というだけあり、発着が駅に専用発着所が設けられてありそこで乗り降りできるので(ウィラーは駅から離れた複数の高速バス会社の共有発着所)JRからの乗り継ぎが非常に便利だと感じました。

rps20150802_223846_706.jpg

今回初めてJR高速バスのプレミアムシートに乗りましたが、シートの場所がウィラーは1階だったのに対し、JRは2階でした。

1階だと丁度タイヤの近くなのでロードノイズがかなり気になりましたが、今回は2階であったという事もあり、さほど気にならなかったです。

ただし、バスはバスなので、道路の突き上げや振動は当然あり、睡眠はうとうと寝レベルなのは変わらずでした。

ただ、深夜の高速バスに乗って行く、というのが何ともわくわくするんですね。

さながら修学旅行の気分と申しましょうか。なんか楽しいのです。

朝8時に大阪駅のバスターミナルに到着。

ちかくのドトールで朝食をすまし、会場である大阪国際会議場に向かいました。


今回のセミナーは1年間で4回開催される歯科医院対象の医院活性化セミナーの第3回目でした。

セミナー内容は、歯科医院をより良くしていくための取り組みや仕組み作りに関する内容です。

歯科医院といえど、一企業です。

経営者として、いかに組織を永年存続していける組織にしていけるか、ということも歯科医院をしていく上で重要なテーマです。

長く続く組織を作ることで、来ていただいている患者様は安心して長く通っていただけます。

また、何よりうちの医院で一緒に働いてくれているメンバーが、結婚・出産・産休後も職場復帰でき、結果長く働ける職場になれれば、これから労働人口が減少することがわかっていますので、スタッフにとっても医院にとってもプラスなことだと思います。

院長の仕事は歯科医師として患者様に良質な医療を提供していくこと、院長としてスタッフの教育・育成(マネジメント)を行う事、経営者として顧客の創出(マーケティング)を行う事と様々なことを行う必要があります。

そういう面で経営の勉強は非常に重要なことであると、大阪まで来ました。

今日のセミナーでは、講師として元スターバックスの社長の岩田松雄氏と、現在テレビなどで引っ張りだこの「伝え方が9割」の著者でコピーライターの佐々木圭一氏のお話を聞くことが出来ました。

岩田氏からは、組織のリーダーとしてしっかりミッション(企業理念)を確立し、それを組織に浸透させることの重要性を教わりました。

働くメンバーが医院の理念に共感してそれを具現化するために共に立ち上がり、共に進めば、理念は現実になる、まさに「スタバのような心地よい空間、スタッフが輝く職場」になれると確信しました。

また、佐々木氏からは、自分の伝えたいことをいかに相手に伝えるか、どうすれば伝わりやすいか、について教わりました。

rps20150802_223936_283.jpg

院長としてスタッフに伝えたいこと、また、歯科医師として患者様にお伝えしたいことがあったとして、伝えたつもりでもうまく伝わらなかったり、どう伝えていいのかわからなかったり...

伝え上手になるのは、才能ではなく、スキルである、つまり訓練で上達できるということを演習を通して学びました。

rps20150802_202857_773.jpg

著名な方の話はやはり一味もふた味も違います。

説得力がありますね。

今日の学びを明日の医院につなげていきたいと思います。

カテゴリ:

月別アーカイブ

カテゴリ

PageTOP

初めての方へ
無痛治療
院内感染予防
医院理念
インプラント専門サイト
症例集

院長紹介

木下卓の略歴・生い立ちなどをご紹介します 。
院長ブログはこちら

携帯サイト

クリックすると現在の診療状況がわかります。